第三十三番札所 普門山 蓮華寺(岩本観音)

第三十三番札所 普門山 蓮華寺(岩本観音) (宇都宮市)

道々何か所か「馬頭観世音」への案内看板を見つけることができる。

結願となる「岩本観音」は、明治初年に廃寺となったため山号寺号以外のいっさいが不明。

結願の普門山蓮華寺(岩本観音)宇都宮市

 

鳥居をくぐり、大谷石の苔むした石段を手すりを頼りに上る。途中、石段が欠けてしまっているところもあるので、足元には十分注意を。

 

六地蔵が見えてくるとそこが奥の院。

正面の岩壁には蔦が絡みつき、カンヌキを掛けられた金属製の扉に違和感を感じるが、その扉の奥に馬頭観音像が静かに佇んでいる。

 

現在は地元の人々の手で守られているが、修繕等の費用をねん出するのはなかなか難しいという。

御朱印は岩本観音から東へ、田畑を迂回して行ったところにある鈴木酒店様へ。

ここからは、たった今上ってきた観音の山全体が見える。

 

  所在地とアクセス



[住所] 栃木県宇都宮市新里町

     下野三十三番馬頭観世音


 交通

JR宇都宮駅西口から関東バス仁良塚経由・ろまんちっく村行き(日に10本)で「仁良塚」下車、徒歩約15分。▼自家用車利用の場合、駐車スペースがないので邪魔にならないよう路肩へ駐車する。