第二十四番札所 三級山 近龍寺

第二十四番札所 三級山 近龍寺 (栃木市)


蔵の街・栃木市の中心部にある浄土宗の寺院で、栃木市出身の文豪・山本有三の墓があることで知られている。


例幣使街道からつながる山門をくぐると、正面に本堂の大屋根が見え、左手には白壁がまだ新しい三佛堂がある。この中に阿弥陀三尊像、子育安産・学業成就の呑龍(どんりゅう)上人像とともに、本尊の聖観世音菩薩が安置されている。
鎌倉時代の製作といわれ普段は秘仏となっているが、毎年7月10日の観音様の縁日「四万六千日」の日に開帳され、法要が営まれる。


  所在地とアクセス



[住所] 栃木県栃木市万町22-4
[電話] 0282-22-0802

[URL] http://www.cc9.ne.jp/~kinryu-ji/


 交通
JR両毛線、東武日光線「栃木」駅から栃木市営ふれあいバス市街地循環等で「市役所前」下車、徒歩2~3分。




かな半旅館

蔵の街の中心街にあり、蔵のある宿

柏倉温泉 太子館

すべて離れの一軒家。神社の敷地内にある神秘的な宿。



次の札所へ