第八番札所 補陀洛山 観音寺(澤観音寺)

第八番札所 補陀洛山 観音寺(澤観音寺) (矢板市)


那須与一の兄・那須満隆が築いた沢村城址に建つ寺で、参道の両側には石仏や季節の花々が配され和ませてくれる。「白浄信心」の文字が掲げられた山門をくぐると正面に本堂、右手に本尊を安置する千手千眼堂がある。


本尊の千手観世音菩薩坐像は、柔和な表情で品格のあるお姿。鎌倉時代の作という。

お堂の中に地下へと続く階段がある。昭和50年に落成した地下霊場には、涅槃仏や観音像などの石仏が安置されている。道順にクランクが付いているので見通しが利かない。それがある種の効果を増している。


  所在地とアクセス

 


[住所] 栃木県矢板市沢393
[電話] 0287-44-0548


 交通
JR東北本線「矢板」駅から矢板市公営バス「沢線」(日に3便)で「沢観音前」下車、徒歩約5分。

 

 メモ
毎月第2日曜日に、千手千眼堂で写経会が開かれている。

 



次の札所へ