第六番札所 鶏鳥山 円満寺

第六番札所 鶏鳥山 円満寺 (塩谷町)

 

日光北街道沿いの合柄橋公民館前の丁字路を北へ、ひたすらまっすぐに行き「塩原町消防団第七分団第三部」の倉庫の横を通り、50m程行くと「鶏鳥山円満寺入口」の看板がある。

 

円満寺は明治の廃仏令で廃寺となり、加えて昭和60年の火災で歴史ある堂宇と、県の重要文化財であった本尊を焼失してしまう。かつて、近くの補陀落山観音寺住職の隠居所だったというが、現在は石仏がわずかに残るのみの寺跡となっている。取り残されたように建つお堂の中には、新たに如意輪観世音菩薩像が安置されている。


円満寺跡の周辺は気持ちのよい田園風景が広がる。
納経は補陀落山観音寺(栃木県塩谷町船生3621)へ。

 

  所在地とアクセス



[住所] 栃木県塩谷郡塩谷町

     船生1846(個人宅)

     の北側


 交通

JR宇都宮駅西口~東武宇都宮線東武駅前バス停から関東バス塩野室経由・船生行き(平日9本)にて、「佐貫入口」下車、徒歩約45分(距離約3km)。または「佐貫入口」から、しおや交通の矢板駅行きバスに乗り継ぎ「船生板橋」または「合柄橋」下車、徒歩約20分(約1.5km)。

 


近くには県指定の天然記念物の「船生のヒイラギ」(個人宅)があるので、散歩がてら足をのばしてみるのもいいかもしれない。



次の札所へ