第十四番札所 三光山 慈眼寺

第十四番札所 三光山 慈眼寺 (市貝町)

 

今までの山や森を背にした寺とは違い、住宅や田畑の中にあり、何かほっとする寺である。
参道には桜が植えられ、その先に新しい朱塗りの鐘楼、その奥に薬師堂と観音堂が並んでいる。

 

観音堂前の案内板を読むと、本尊の十一面観世音菩薩立像は、近年調査修復され、鎌倉期の製作という貴重な像であることがわかったという。寺の開山の時期も同じ頃と伝わるが、天保十一年(1840年)の火災による焼失で詳細は不明になっている。

 

  所在地とアクセス



[住所] 栃木県芳賀郡市貝町

     赤羽2725
[電話] 0285-68-0600


 交通
JR宇都宮駅西口から東野交通「益子駅行き」(1時間に1本程:乗車時間約40~45分)で「赤羽小学校前」下車、徒歩約5分。

 



次の札所へ