第十番札所 岩谷山 長泉寺(岩谷観音)

第十番札所 岩谷山 長泉寺(岩谷観音) (大田原市)


参道入り口に案内板があるが道路からは見えにくいので、「手芸の店すずらん」の店舗名を目印に。

道幅の狭い参道を上ると、江戸時代にタイムスリップしたかのような観音堂が現れる。

 

まず目に付くのは、お堂を守るかのように立つ2本の杉の巨木。間近に見ると圧迫感がある。
本尊は伝教大師・最澄作といわれ、12年に一度、子(ね)の年に御開帳される。

観音様の見つめる先には、なだらかな山並みと静かな田園風景が広がる。


参道を上る途中の推定樹齢500年といわれるツバネガシの古木は、県の天然記念物。数年前に自然に倒れてしまい、現在は切り株を残すのみ。写真は倒木以前の姿。
御朱印は、参道入り口右手の電気工事店「はなやま電設」様へ。

 

  所在地とアクセス



[住所] 栃木県大田原市堀之内

     岩谷観音


 交通

JR東北本線「西那須野」駅東口から東野交通「五峰の湯~(黒羽高校)~西那須野駅」系統、「五峰の湯~(赤十字)~西那須野駅」系統(日に5本)で「堀之内」下車、徒歩約10分。▼自家用車の場合、路肩には駐車できません。境内に駐車スペースがあるが参道の道幅がかなり狭いのでご注意を。

 



ホテル花月<栃木県>

ゴルフ場まで車で5分。清流・那珂川を望む老舗ホテル。



次の札所へ